【Phasmophobia 攻略】v0.5.0 Cursed Possessions updateで追加された呪われたアイテムまとめ【2022/01/10追記・更新】

2021/12/11に行われたアップデートで、調査ステージに何らかの呪われたアイテムがランダムで1つスポーンするようになりました。これらを簡単にまとめました。現在は最速情報なので記事が間違っている部分があるかもしれませんが、後で調査が進んだら更新していきます。

スポンサーリンク
ブログ大

共通の注意点

アイテムの効果や、アイテムが耐用時間を超えるなどして破壊された際に確定でハントが発生するが、このハントはどんな状況だろうが問答無用で発生する。スマッジスティックを当てていて効果時間中の場合であっても無視して発生するので、スピリットの判定には使うことが出来ない。十字架も効かない。

これらのアイテムを使って起こる強制ハントは通常のハントより時間が長く、1度起こしてしまうと以後の通常のハントの時間も全て長くなる。

このハント中はゴーストの短所が消える事があるようです。ハント中のレヴナントが見つかってないのに普通に歩いてきたりします。(しかも見つかったらちゃんと加速してくる?)

呪われたアイテム一覧(執筆時のバージョンv0.5.1.0)

オルゴール (Music Box)

効果

1回しか使用することが出来ない。

  • 起動すると音楽が流れ始める。音楽が流れている間、ゴーストがメロディに合わせて歌うので大まかな位置が把握できる。
  • 一定時間音楽が流れると壊れる音がして音楽が止まり、強制的にハントが始まる。
  • 音楽を流しながら投げ捨てると直ちにオルゴールが壊れてハントが始まる。
  • ゴーストから5メートル以内にオルゴールがあると、ゴーストが姿を現してオルゴールに向かって歩きはじめ、オルゴールと接触するか5メートル移動すると強制ハントが始まる。
  • オルゴールと自分との距離に応じて、聞いている間正気度が下がる。

評価

小さいので正直ゴーストルームを見つけるよりもオルゴールを見つけるほうが難しい。
初めの方に発見できれば、一応無理やりゴーストルームを特定するのに使えなくもない。
ハントを起こしたい時には使えるが、別に使わなくても正気度を50以下にすればいいだけの話なので、あまり役に立たない。スピリットの判定に使えないのも困る。

ブードゥー人形 (Tortured Voodoo Doll)

効果

使うと以下からランダムでピンが押し込まれて効果が発動する。使うたびに正気度が10%下がり、正気度10%未満で使うと全てのピンが押し込まれて強制ハントが開始する。

  • ゴーストがものに干渉する。
  • ゴーストが超常現象を起こす。
  • 心臓のピンが刺されるとゴーストがハントを開始する。

評価

正気度下げと超常現象狙いで使える。心臓のピンが当たるかどうか見ていればハントかどうか分かるので、ハントが当たっても察知して逃げやすい。アプデによってハント開始してから心臓のピンのアニメーションが入るようになったので、事前に察知できなくなりました。

呪いの鏡 (Haunted Mirror)

効果

  • 使うとゴーストルームが鏡の中に映るが、正気度が秒間10%失われる。
  • 正気度が0になるとミラーが砕けて強制ハントが始まる。

評価

正気度は下がるが個人的にはオルゴールの上位互換な印象。一瞬見るだけだと10%下がるので、正気度調整に使える。

正気度を100%にしてから鏡を見て、10秒以上鏡が割れなければデーモン確定。

魔法陣 (Summoning Circle)

効果

1回しか使用することが出来ない。

  • 5本のロウソクに火を付けると強制的にハント状態になり、ゴーストが魔法陣の中心に転送される。
  • ロウソクに1本火を付けるごとに、正気度が16%下がる。
  • ロウソクの火は時間で消えるため、全ての火をつけなければ何度でも正気度を下げられる。
  • 1~3秒の間ゴーストは魔法陣から出ることは出来ないが、あまり猶予はないので写真を撮ったらすぐに逃げる必要がある。

評価

写真を撮ることよりも、ナイトメアで正気度を調整する目的で使用すると意外と便利。例えば精神安定剤を限界まで飲んでキャンドルを手に持ち100%から調整すると、目的の正気度で固定できる。

正気度100%の状態で15~20秒ほど暗闇で正気度を下げ、3つ火をつけた後に精神安定剤をいくつ飲めるかでデーモン判定できる。3つ飲めた場合はデーモンではない。

タロットカード (Tarot Cards)

効果

10枚セットでカードがランダムに入っており、カードごとに以下の効果が起こる。使ってみるまでカードはわからない。

  • 愚者 (The Fool) – 直前のカードの効果を繰り返す
  • 女教皇 (THE HIGH PRIESTESS) – 死んだチームメイトを蘇生する
  • 隠者 (THE HERMIT) – しばらくの間ゴーストがハントを開始できなくなる(スマッジスティックの効果)
  • 運命の輪 (WHEEL of FORTUNE) – 緑に燃えると正気度+25 赤く燃えると正気度-25
  • 吊られた男 (THE HANGED MAN) – 即死(低確率)
  • 死神 (DEATH) – 強制ハント
  • 悪魔 (THE DEVIL) – ゴーストが姿を見せる
  • 塔 (THE TOWER) – 強制的にゴーストを活動させる
  • 月 (THE MOON) – 正気度が0になる
  • 太陽 (THE SUN) – 正気度が100になる

評価

正直リスクが高すぎて使い物にならない。難易度ナイトメアの時に証拠が出揃って最後に判別したいときに使えそうな効果も特に無いのでいらない。

ウィジャ盤 (Ouija Board)

効果

質問すると正気度と引き換えに答えてくれる。基本的には以前のものと同じ。以下変更点。

  • クリックなどで起動すると文字を示すための三角形のパーツがセットされる。
  • 以前あった質問の失敗はなくなり、質問は100%成功する。
  • 終わる時に「さようなら」と言うと文字を示すためのパーツが撤去される。
  • 「さようなら」と言わずにウィジャ盤から離れると、ウィジャ盤が砕け散り強制ハント。
  • 質問の結果正気度が0になってもウィジャ盤が砕け散り強制ハント。

評価

元々ナイトメア必須のアイテムだったが、質問の失敗がなくなったので更に強化されている。正直呪いのアイテムの中からこれが選ばれるかどうかで難易度が大幅に変わり、無かった場合高確率で運ゲーになってしまう。

質問して正気度が0になるとウィジャ盤が壊れるのでうまく調整する必要がある。幸い正気度が質問できるので、気をつければ問題ない。

総評

ウィジャ盤以外のアイテムが使えなさすぎて、難易度ナイトメアがウィジャ盤を引けるかどうかの運ゲーになっている節がある。それぞれの効果自体は面白いが、正直あってもなくてもいいような効果なので、現時点では他のアイテムを大幅に強化するか、ウィジャ盤を別枠にしないと理不尽感が強い。

タロットとオルゴール以外は狙った正気度付近にできるので、使い方によっては使えなくもないかも。ただウィジャ盤が圧倒的に優秀なのは間違いない。

スポンサーリンク
ブログ大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
ブログ大